奥那須探訪 『那須岳登山口 稲荷沢』

今から44年前の 那須岳登山口 【稲荷沢】堰堤です。  男性が二人 茂みにいるのが判りますか?  以前は堰堤の直ぐ近くまで行けたのでした。   

この出来たばかりの堰堤は 高さは さほど無く  写真を撮ったK君に聞くと 堰堤の下部に開けられた四角い排水口の大きさは 大人の肩が入れない程だったそうです。  

尾根筋を見ると イオウを運んだ索道の木組みが まだ残っているのが判りますよね。  現在の「峠の茶屋」さんの場所に 硫黄鉱山事務所ありました。   昭和35年 鉱山は閉鎖になりましたが この写真が写された頃は まだ索道の木枠が残骸となってありました。     
画像

参考に 現在の【稲荷沢】 
那須岳登山口の鳥居を くぐって小さな橋を渡る時 山側を見て下さい。 この雑木を全部取り払ったら 以前のように見渡せる景色が戻ってくるでしょう。 
画像
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

もりんちゃん
2013年05月10日 21:49
これが稲荷沢の堰堤ですか。
平石の写真といい、樹木が44年間でこれだけ伸びたのは、やはり温暖化の影響があるのかな?百年後には茶臼や朝日の山頂も樹林帯になっているかも・・・
那須美
2013年05月10日 22:34
硫黄鉱山事務所があった頃、冬の暖房は周りの木を切ったと思います。もしかしたら今の景色が本来かも・・でも観光客には 足元も紅葉する景色見て欲しいですね~!
g夢2
2013年05月11日 08:26
3年ほど前に雪崩で犠牲者が出た場所ですか?
かつてここに登山口があったなら、鳥居をくぐってまっすぐ進めば良かったということですね。 納得!
那須美
2013年05月11日 09:26
g夢2さん こんにちは。
誤解を生んでしまいましたか? ここには断崖があるので登山ルートは有りませんでした 硫黄の道は索道です。 この写真の二人はウロウロしていただけのようですよ! 私は冬に登った事は有りませんが 積雪期に鳥居の方向が「稲荷沢」を向いているので 迷って行ってしまう危険性は大ですね! 鳥居の上に「左方向雪崩多し非常に危険」って看板乗せたら有効かも。

この記事へのトラックバック