茶臼の噴煙

この写真は?
亡くなった義毋のアルバムの1枚。  人物は? りんどう茶屋に関わりのある人。 場所は?隠居倉の山頂。 時期は? 判るよ~ 雪渓があるので6月頃。

茶臼の噴煙がハンパじゃないほど出てるんですけど!! これじゃ登山道が危ないンじゃない?
画像


現在の 噴煙を上げる茶臼岳。  
探したけど 同じ方向からの写真が見つから無いので 「日の出平」方面からです。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

那須のご隠居
2014年03月19日 20:40
こんばんわ、ほとんど冬眠中の隠居です。那須美さんがブログアップしてくれる昔の那須岳の風景にはいつも感動してしまいます。実に貴重な記録ばかりで、出来れば纏めて出版して欲しいくらいです。この風景は、たぶん隠居倉から茶臼岳を眺めたものかと思います。頂上北ピーク下の噴気孔からの噴煙は昔はこんなに噴出していたんですね、驚きです。今の無間地獄と変わらないですね。
那須美
2014年03月19日 22:54
こんばんは。
多分Nさんなら 場所の指摘をして頂けると思ってました~!私の画像集には 「隠居倉」山頂は有りません だって 去年 手前で帰ってしまったので(笑)
茶臼岳はS30年代に小噴火して噴石飛ばしたそうですよ
この写真は その頃の? 多分 小学生くらいの私には噴火の記憶は無いです。
那須岳のN
2014年03月19日 23:47
同じ写真があったので見比べてみました。
隠居倉ですね。
 今と違うのは、やっぱり噴煙が凄いです。
当時は火山活動が活発だったのでしょうか?
稜線は全く変わりありません。
那須のご隠居さんが言う通り、とても貴重な写真です。
古い写真アップする度、今と昔を比べながらタイムスリップした気分です。
那須美
2014年03月20日 00:02
那須のご隠居さん こんばんは。
コメント間違えて失礼しました!! 頭の「那須」だけでNさんと思いこむ おっちょこちょいな私です~・・ 恥ずかしい(笑) 那須のご隠居さんなら「隠居倉」に精通してますよね。

那須美
2014年03月20日 00:15
那須岳のNさん こんばんは。
あの風景に一致する画像が無いので「牛ケ首」方面からになりました。 「峰の茶屋跡」から茶臼岳山頂ルート 牛ケ首姥が平ルート 半世紀前には どの様に歩いたのか気になります。
もりんちゃん
2014年03月20日 09:25
おはようございます。
懐かしい写真ですが、小学生の頃はまだ硫黄鉱山のトロッコ跡が牛の首手前あたりまで残っていて、峰の茶屋から100mも歩けば噴煙がモクモク、時間帯によってはオレンジ色の硫黄がドロドロと流出してました。枯れ枝に硫黄を付けて得意がってましたよね。熱気の中、峰の茶屋から牛の首まで行くのが大変でした。あの頃は殺生石でも噴煙があがっていましたよね。あれから半世紀、自然もけっこう変わっているんですね。
那須美
2014年03月20日 10:03
もりんちゃん こんにちは。
私が 那須岳に登ったのは中1になってからです。噴煙はあまり記憶が無いです。
殺生石は 私の庭みたいなもので よく粘土取りに行ったよね~一緒に(笑) 曇って風の無い日はガスが出てるから絶対に行くなと言われていたけど東側の山のはいつも湯気が出てました。
栃木県の史跡になっているけど・・ 何故か全部掘り起こして石を並べたので 全く別の景色になってしまってます。 今度は国の指定になるそうで また掘り起こすのかな~?

この記事へのトラックバック