八幡園地の外来種

店の帰り道  今日は八幡廻り。

廃屋になりつつある八幡園地の 某ホテル脇に 外来植物の「オオハンゴンソウ」は 当たり前のように咲いている。 

よくもこんなに増えたものだと いつも横目で睨んで通っていたのだけれど 一人の力では無理なので。

ふと目に付いたのは やはり外来植物の「メマツヨイグサ」  八幡のバス停の所に咲いている。
画像

次々と花が咲いて上に伸びるので  ここに咲いてるの気が付かなかった。

バス停の所だけ抜いちゃえ~! って。

車から降りたら その大きさにビックリ!しかも 一株から10本くらい枝分かれしてるし。

いつものように スッポンっては いかなかった。
画像

まるで綱引き。  大物 数本でヤメテ 後ろを振り返ったら

一人で 出来る範囲越えてました。
画像

那須高原は 一応 自然が売りです  (オオハンゴンソウとメマツヨイグサのコラボ)
画像


この記事へのコメント

2018年08月12日 19:02
オオマツヨイグサとが違うんですね!?
国立環境研究所のHPだと1920年代に観賞用として侵入し、全国に広まってしまっているとか・・・
あ、今、昨日の雷雨で順延になった宇都宮花火大会が始まったようです!
那須美
2018年08月12日 23:31
メマツヨイグサ 荒れ地に堂々の2m越え。 小さいうちは可憐な花に見えますけどね。 
宇都宮の花火はさぞかし奇麗でしょうね~!

この記事へのトラックバック