「日光例幣使街道」を歩く その②

群馬の『木崎宿』から 栃木の『八木宿』までを 途中バスで移動しながら 歩いてきました。
木崎宿があったことを示す 石碑
画像

変わった名前の地蔵尊
画像

ゆえに 覗きたくなるのです。
画像

いつものように黙々と歩く。
画像


太田宿  当時を全く想像出来ません
画像

時の権力者が造った街道は とにかく真っ直ぐで歩いていて呆れてしまう。  現代の権力者が電柱の地中化を進めているそうで 街並みスッキリ! 災害にも強そう。
画像
 
国境の案内標                        
画像

文字が風化し かすんで見えません
画像

ここでも不審者が!
画像

八木宿の少し前で バス移動。  車内から繊維工場見学。  足利は絹織物の産地ですよね。
画像

移動して八木節会館 。 見学は無料ですが・・・関所あり。
画像

生バンドを愉しむ
画像

踊りの輪に飛び込むのって 勇気あります・・・よね! もちろんシラフで!
画像

持論が かなり面白い八木節世話人さん。
トイレに神様がいるのは聞いていたけど名前が「オマタフクノ神」とは知りませんでした~!
画像


記念の一枚。 しつこく言うけど 全員シラフです。
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2018年09月17日 23:50
相変わらず歩かれてますね!
歴史を感じさせるモノもありますが、石の碑だけでまわりは現代風の町並みというのが多いですネ!
那須美
2018年09月18日 08:58
群馬県の太田市は戦時中に爆撃を受けて壊滅状態になったそうで 古い建物は殆ど見かけませんでした。 石碑も道路が広がったせいか真新しいです。 ただ例幣使街道は残っているので 私達も辿ることが出来ます。

この記事へのトラックバック