『日光例幣使街道を歩く』 その③

今回は「梁田宿」→「天明宿」→「犬伏宿」→「富田宿」→「栃木宿」 を辿る歩行会でしたが 雨のため 大半を車窓から眺める旅になりました。
バスでこちらのお寺さんへ
画像

戊辰戦争の慰霊碑 
画像

一度盗まれたと地元の方が! そういえば 足利の無人の寺から盗まれた仏像が日本から流出する騒ぎありました。   こちらは厳重にカギが掛けられています。
画像


歩き初めは 古道を辿る旅らしく 道標から
画像

画像



イザナギ&イザナミを奉る「両神神社」 神代の頃からプロポーズは男性からなのね~納得するお話が聴けましたョ ・・・下ネタも。
画像

解説は この方しかいない。  電気の無い頃の常夜灯は菜種油を燃やし続けたそうですが 少しの風で消えちゃったかも。
画像

道は新しくなっても 名前は残ってます
画像


佐野厄除け大師
画像

画像

田中正造翁の墓 確か幾つかに分骨されていると。
画像


御朱印は別用紙に書かれたものに日付けを入れて頂く 200円也。
画像


真田親子の別れがあったとされる犬伏薬師堂
画像

鎧が奉納されていました もちろんフェイクだけど。
画像

ここは 米山古墳でもあります。 
画像


雨のため バスで栃木宿に向かう。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月12日 18:27
<佐野厄除け大師>の金色の鐘はお気に召さなかったようですね!?
米山古墳・・・知りませんでした!
グーグルの航空写真だと小高い林のように見えますね!
那須美
2018年11月13日 22:41
厄除け大師はトイレ休憩で寄ったのでした。 私は御朱印頂くのでサッサと本殿に向かい皆と集合した時チラッとピカピカの梵鐘は目に入ったのですが。確か正造さんのお墓の隣でした。

この記事へのトラックバック