那須手形で【渓雲閣】

今年 塩原温泉に来たのは二度目

今日の温泉は奥塩原新湯温泉 『渓雲閣』   日本秘湯を守る会に入っているのですね。 ここに来るまで山道を相当登ってきたけど 旅館の玄関までは車を降りて10歩ほど。  日帰り入浴時間は短く12:00~15:00まで 料金は1,000円だそうですけど  今日は「おもて那須手形」を使用して 無料。
画像

すぐ近くに『むじなの湯』がありますが・・・
画像

・・・たぬき 多すぎ。
画像

お決まりの「温泉分析表」
画像

硫黄泉なんだ。
画像画像

白濁した掛け流し温泉  少し熱めです。  
画像

玄関には時期柄 お内裏様と吊し雛が飾ってありました。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月26日 10:44
ここは・・・塩原の方からハンタマに行く途中にある温泉宿かな?
奥塩原温泉の源泉の近くの・・・?
スキーの帰りに奥塩原高原ホテルの日帰り温泉には入ったことがあるのですが、かなり熱かったです!
渋井陽子、ガッツ石松、大島優子の篭が並んでいるということは・・・混浴ですか?
那須美
2019年02月26日 21:03
もみじラインの料金所前にある温泉ですよね。 こちらの渓雲閣さんのお風呂は温度調整でチョロチョロ流れていましたけどそれでも熱めでしたよ。源泉がすぐ側だからですよね。  脱衣籠 気が付きました~? 私は本人が入りに来たと思ったのですけど 栃木県輩出の有名人の名前ということです。 お風呂に入る前に籠を間違えないようにと書いて有りました。 混浴でガッツさんが入ってたら面白いですけど~

この記事へのトラックバック