鳥追観音に詣でる

遊歩会の見学は会津ころり観音のひとつ 西会津の『鳥追観音』でした。
画像


画像


画像

今はご開帳の時 しかも修繕から戻ってきたそうで 写真ダメかと思ったけど 綺麗に撮してくださいと。 
画像

痛いところとか病気が気になるとこを撫でて その手で自分の体を撫でると御利益があるそうです。 一人だけ股間を触っていた人がいました・・・さて?誰~だ!?
画像


日光東照宮の眠り猫で有名な左甚五郎作と伝わる彫刻 この中に三猿がいて 全部見つけると福が来るそうな。
画像

三猿を見つけていたら 副住職さんが来て実に詳しく説明してくれた。 鷹の左下に隠れるこの猿は鷹の攻撃を逃れて安堵している様子だそうです。
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年05月11日 17:55
<会津ころり観音のひとつ 西会津の『鳥追観音』>そろそろ私もお参りに行っておきましょうかねぇ!?
<痛いところとか病気が気になるとこを撫でて>・・・私の場合、頭のてっぺんからつま先まで全部です!!
那須美
2019年05月11日 18:50
健康で動けるなら止めたほうが良いですよ こちら本当に効きますから。 以前 母と友人の3名でお参り(私は運転手)ころりと亡くなれますようにと。 父と友人のご主人が 皆 前日までバリバリ仕事して ころって亡くなりました。 お参りした3婆はピンピンしてましたが その中の一人 去年93歳で往生しました。 実話です(笑)

この記事へのトラックバック