今年も『オオハンゴンソウ』駆除

昨年は雨に祟られてか 特定外来生物『オオハンゴンソウ』の駆除活動に参加出来ませんでした。

今年は 予備日が設けられているので駆除活動も参加しやすくなります。

9時半 なすビジに集合 簡単な自己紹介をしたあと 大丸の県営駐車場に移動。 

観光客の姿が ほぼ無いので いつもはチョウピンさんの背中で宣伝する「駆除活動中」の看板は 駐車場の手摺りに付けます。
IMG_20200604_094334.jpg
まだ花を付けていないので 初参加のボランティアの方には 見分けるのが少々難しいかも。
IMG_20200604_094836.jpg
二時間弱で1500本くらい駆除  山に積み 枯らします。  
IMG_20200604_103204.jpg
足下の「フデリンドウ」
IMG_20200604_104318.jpg
「マイズルソウ」
IMG_20200604_104643.jpg
「ギンラン」
IMG_20200604_104424.jpg

オオハンゴンソウが蔓延ると この小さな花たちは 全部 無くなってしまいます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2020年06月04日 23:32
毎年駆除していても1500本!!
凄い繁殖力ですね!
えっ?そんなに普通にギンランとか・・・咲いているものなんですか?
那須美 (なすび)
2020年06月06日 01:09
>宮星さん
1500本はこの場所だけですよ~ もっと凄いところがツツジの名所にもなっている場所ですから。そこは半端ないですから。 県の管理だから定期的に草刈りはするのですが敵は根っこでも増えるので。
「ギンラン」は私も初めて奥那須で出会いました。 小さくて最初はマイズルソウと思って見たらギンランでした。 調べたら移植は根っこに特殊な菌が無いと枯れてしまうそうで生育場所は限られるとか。 ここで守ってあげたいです。